査定記事一覧

不動産価格の決め方には「収益還元法」「原価法」「取引事例比較法」の3つの方法があります。収益還元法収益還元法は、不動産を貸したときに得ることのできる賃料から、その不動産の価格を割り出す方法です。主に、投資用の住宅を評価する際に使われる方法です。原価法原価法は、査定する対象となる不動産をもう一回作るとしたら、土地代や建物代などがいくらかかるかを想定して、最終的な価格を割り出す方法です。建物の場合は、...

・情報の整理・今後の取引がスムーズ・余分な費用がかからない家を売るとなると、必要な書類ってどれだけ必要なんだろう、って思ってしまいますよね。不動産売買の準備は書類や情報を集めること、と言ってもいいくらい重要なポイントです。自分だけでできるのならばどんどん進めてもいいのですが、一生に何回もある家の売買ではないなら、不動産業者と一緒に情報の整理をすればスムーズに取引が進みます。さらに、重要書類を整理し...

自宅を買い替えたいそう思ったときに、最初に思い浮かべるのは今のこの家はどれくらいの価値があるんだろう?ということですよね。まずは、今住んでいる自宅にどれくらいの価値があるのかを客観的にチェックすることからです。だいたいでいいので、値段の目安がわかると、そこから予算を立てることもできますからね。カンタンにできるネットの無料査定ほとんどの不動産販売業者は、営業やネットワークを持っているので、それぞれの...

自宅を売却するのに自分が希望する額で売り出してもらうことはできるんですか?最終的には、不動産会社もお客さんの意向を尊重するので、希望価格で売りに出すことはできますよ。不動産会社の 査定額以上の価格でも売り出すこともできるんですか?できるか、といえばできます。ただ、無茶な売却価格を信じて、欲がでてしまって、売りに出すと、最終的にはその物件の実力以下の値段で売却することになり、後悔することも多々ありま...

平成17年度の住宅に関係する税制改正で、「良質な中古住宅の流通を促進すること」などを目的として、中古住宅(既存住宅)の築年数要件の緩和などが行われました。どういう内容かと言えば、それまで住宅ローン控除などの各種税制特例措置で、非耐火建築物(木造一戸建てなど)では、築後20年以内を要件とするものがほとんどでした。こういう理由もあって、一戸建ての場合に不動産価格の査定をすると、築後20年を超えていると...

自宅を新築した際に、どうせなら、と注文住宅で 特殊な間取りにしたんです。だけど、子供が当初予定していたよりも増えたので、売却しようと考えているんですが、特殊な間取りの家って売却しようとすると、査定は高くないものなんですか?そうですね。一般的に言われるのは、あまりにも特殊な間取りだと、買い手がなかなかつかないので、売却時に査定価格が通常より落ちることもあります。かといって、希少価値があるのであれば、...

住宅を中古で売る時の値段は、依頼した不動産仲介業者が「これくらいが相場です」といった見積もりを出して、それを参考に売りに出す価格を売る主が決める仕組みです。ただし、査定方法は、査定を行う不動産会社や担当者によって大きく変わります。基本的には、二つの方法があります。不動産流通推進センターの「既存住宅価格査定マニュアル(戸建て住宅・住宅地・マンション)」をもとに算出した額で評価する方法。もう一つが、「...

自宅を売却するために地元の不動産会社に売却の相談に行くと、不動産営業マンの担当者はとても親身になって話を聞いてくれます。営業マンから熱心に「あなたのために」と不動産売却を勧められると、売ろうとしている家の価値があるように感じてしまいます。不動産営業マンの親切さと、自宅が高く売れることとは別のことですよ。それは、不動産を高く売っても、給料に影響しない仕組みがあるからです。不動産営業の人にもいろいろな...

他人に貸している貸宅地を理由があって売却したいその場合には、いくらになるか、客観的な評価額が気になりますよね。貸宅地の評価の方法での一番のポイントになるのは、「借地権」だということです。他人に貸しているから自分で使えない他人に貸しているから相当の地代をもらっているこの二つのバランスと、自分が自由に使える土地として売った場合の比較が、売却するとしたらどれくらいの利益になるのかの目安になります。貸宅地...

不動産を売主として売却する際には、個人から個人への売却が一般的ですよね。売却の際に、個人から不動産業者などの会社に売却するのが、業者買取です。通常の売買:個人から→個人へ業者買取り:個人から→業者へ業者買取するからには、その業者が利益を出すことが目的として購入するので、さまざまな事情があることが多いです。業者買取の最大のデメリットは、売主である個人が安く売らざるを得なくなる可能性がある、ということ...

自宅を売却することを決めたら、少しでも、不動産を高く売りたいですよね。家を売却する際の不動産を高く売るコツは、買い手や実地査定の人の印象という、人間の心理に関わってくることが大破です。ここで紹介する不動産を高く売るコツには、一括査定を使う部屋の電気は全てつけておく東向きの部屋は午前、西向きは午後窓を開けて換気をしておく水回りをキレイにしておく整理整頓をしておく近所の情報をさりげなく言うしゃべりすぎ...

家や土地を売却しようと考えて、不動産屋さんに査定を出した時に、思っていたより高額の査定が返ってきたら、嬉しくなりますよんね。価値が認められた、という満たされた感じもあります。そうした高額の査定額を出してくれた不動産屋に依頼すれば、高い値段で不動産売却ができるかもしれない、そうも思いますよね。でも、不動産の高額査定に浮かれて、自分で何も調べずに、その会社にお願いすると、最終的には失敗します。最初に売...

中古マンションを購入して、売却したんです。その時、業者の提案する相場価格を信じていたのですが、 後から「ぼったくられたかも」と感じてしまったんですが・・・そういうこともあるかもしれませんね。というのも、不動産業界では長い間、消費者の利益を損なって、「囲い込み」や「両手取引」といった業者だけが儲かる不正がまかり通っている、という噂もありますからね。売却時には見積もりは数社でやった方がよかったんですね...

1 相場が読みやすい2 土地に関するトラブルが少ない3 瑕疵担保責任を負うことがない4 売却で必要な諸費用があまりかからないマンションを売却がすぐにできるポイントは、「法律」「お金」の面で売りやすいからです。一戸建てと比べると、マンションの場合、法的な責任を負うことが少なかったり、費用がかかりにくいのが特徴ですね。これからマンション売却を考えている方もしくは今マンションの売却をしているけど、なかな...

トップへ戻る