自宅売却後の生活記事一覧

よく言われる住まいは賃貸派?持ち家派?とよく言われています。自宅を売却してから、転勤などで今住んでいる家に住むことができなくなった時に、これからの生活は賃貸でいくかどうか、と考えることがあるかもしれません。そんなときに、「家を借りて住むとなったら、持ち家のときとどう変わってしまうのか」という点を押さえておきたいですよね。結論としては、できるだけ持ち家でいたほうがいいい、ということなんですが、賃貸で...

マイホーム借り上げ制度は、一般社団法人移住・住み替え支援機構(JTI)が国の基金を利用して作った制度です。希望すれば、マイホームを一生借り上げてくれて、家賃を受け取ることのできる仕組みです。近隣の成約賃料の80から90%程度を天体家賃の目安として、そこから空室積立金の10%と建物管理費5%を差し引いた残額(65%から75%)程度が、借り上げ賃料として受け取ることができます。もしかしたら、自分で貸し...

不動産って、高額な商品ですよね。「今だけ限定!」と言った言葉に弱く、つい買って失敗したとしても、それが小額の商品だったらあきらめもつきます。「限定」って聞くと、つい衝動買いしてしまいますしね。実は不動産でもこの手の表現はよく出て見ることがありますよね。家などは数千万円もする買い物なので、あきらめはなかなかつかず後悔だけが残ることになるので、慎重によく見て判断したいところです。不動産営業マンの巧みな...

キャリアウーマンバリバリでマンションを購入しようとする人も増えてきましたよね。でも、今から30年ほど前までは、女性が住宅を購入しようとすることはとても難しいことでした。ましてや自宅を売って新しく購入するなんてことは至難の技だったんですね。今フラット35でおなじみの住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が女性でも利用できるようになったのは、1990年台半ばのことです。独身女性がマンション購入をすることは...

リスク?お金に関しては、借家の方がリスクが大きいよく、持ち家を持ったリスクを賃貸の場合と比較していることってありますよね。人間の生活で大事な要素の衣食住のうちの「住」の部分。人生の大半の時間を過ごすことになるからこそ、よく考えておきたいテーマですよね。それに、住居にかかる費用は総額にするとものすごく高いです。「持ち家にするか」 と「賃貸にするか」とで悩んでいる人の大半が住居にかかる費用の部分ですよ...

自分にはどんな住宅があっているかマイホームを購入する際の最初で最後の選択の考え方は、通勤通学重視か、生活重視か、という選択になります。将来の自分や家族とのライフスタイルも考えて、マイホームを購入する時代になりました。通勤に便利な場所にマンションを購入して、通勤時間を短くしようと考えているんですが、都心に近いほど部屋は狭くなってしまいますね。マイホームを購入するときに、ライフスタイルを考えると、「仕...

トップへ戻る