不動産業にかかわる人の資格記事一覧

不動産取引はとても高額で、一つトラブルが起きると、大きな損害に発展する危険性があります。専門知識がほとんどないお客さんを、ずさんな契約をしないように、契約前の重要な事項を説明するのが宅建士の仕事の一つです。だから、宅建士は不動産取引のスペシャリストとも言われているんですね。宅地建物取引士だけができる3つの業務とは契約締結前に重要事項説明を行う重要事項説明書に記名押印する(宅建業法35条書面)契約書...

トップへ戻る