税金記事一覧

売却したお金に課税されない特別控除自宅を売却するということは、一般的には「売買する」ということですよね。不動産を譲渡する、とも言います。自宅を売却する事で、発生する売却利益には所得税がかかります。マイホームを売却した場合は、居住用財産の譲渡所得の特別控除の適用を受けることができます。自宅を売却するときにかかる税金自宅などの不動産を買ったときには、税金がかかりましたよね。購入時だけでなく、売却すると...

個人が自己の居住用財産を買替えたはいいけど、その譲渡資産に損失が出る場合もありますよね。ぶっちゃけ、家を売ったら損しちゃった、という場合です。家を売って、損するくらいだったら売る人なんかいなくなっちゃうんじゃないですか?そうなんですが、どうしても利益だけになる、とは限らないですよね。だから、マンションや住宅を買い換えた場合でも税金で損をしないような仕組みを作っています。この自宅を売った際に損失が出...

空き家になってしまうと、ほんと管理が大変です。自宅からその空き家が近いならまだしも、離れている空き家だと手入れをするために通うだけでも一苦労です。高齢の親が亡くなって実家を相続したんです。その家は、今は空き家になっていて、その管理がとても大変なんで売ろうと考えています。空き家を放っておくとどうなってしまうんですか?家は管理を怠ってしまうと、あっという間に老朽化が進んで、建物は傷んでしまって、見た目...

譲渡所得税とは、自宅などを売って「もうけ」が出た部分にかかる税金です。今のマイホームを売って利益が出たら 税金がかかるんですか?住宅を売って利益が出たら、その譲渡所得(利益)に対して譲渡所得税がかかります。おおかまかな譲渡所得税の解釈として、長期=自己所有短期=投資目的というざっくりした考え方があるんですね。短期の所有期間を5年以下として考えているんです。譲渡所得税は、自宅を所有していた期間が5年...

住宅ローン減税というと、新築物件を購入して、所得税控除の恩恵を受けて、新しい家に住むイメージがありますよね。でも、中古住宅でも、住宅ローン減税適用可能をアピールすることで、買主のお得感を出すことができれば、売却期間も短くなって、売主にもメリットがあります。住宅ローン減税が受けられない中古住宅は、新築で受けることのできる物件よりもアピール度合いで 不利になりそうですね。住宅ローン減税の対象となる中古...

消費税は、日本国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付及び役務(サービス)の提供が課税の対象となります。消費税の説明って、難しいですね。10パーセントにもなると、不動産のような大きな買い物をするときには想定外の出費になったりもしますよね。聞いてもすぐにはわかりにくいですよね。自宅の売却や購入のときには、何に消費税がかかって、何がかからないのか、だけおさえるだけでもずいぶん...

マンションや一戸建て住宅を取得するときの税金は3段階でかかってきます。それなりにお金がかかってくる税金として、契約する時→「印紙税」登記する時→「登録免許税」取得した後→「固定資産税・都市計画税」、「不動産取得税」が課税されます。印紙税「売買契約書」や「金銭消費貸借契約書(借入書)」の契約時に課税される国税です。納付は契約書に収入印紙を貼付(ちようふ)し、消印する方法をとります。贈与税親などから住...

共働きなら住宅ローン控除の節税効果も2倍住宅ローン控除は、新築や中古住宅を自宅として、買い替える際には利用しない理由がありませんよね。2018年現在は、10年にわたって所得税を減らせてくれる最大の節税効果のある方法です。賃貸住まいの人には節税ができないので、住宅を購入した人にだけあるメリットです。その住宅ローン控除を夫婦二人とも利用することにすると、メリットを最大限受けることができます。もちろん、...

孫のために贈与税の年間110万円非課税枠を使って、財産を分けよう、と思うおじいちゃん・おばあちゃんって孫思いですよね。自分のためだけでなく、子孫が豊かになるためにお金をやりくりするなんて、優しい心があるはずです。でも、その110万円の積立方法によっては、贈与に当たらず、逆に、相続税の対象になってしまうこともあるんです。今回は、贈与の方法と、贈与税がかからない、非課税枠110万円の孫への上手な使い方...

トップへ戻る