住宅ローンを組む記事一覧

家を買うならお金をだしますよという制度(要件はあるけどね)住宅を購入すると減税になる方法やら、給付金がいろいろあります.。そのなかの一つ「すまい給付金」は、住宅を購入する人に、収入に応じて最大30万円がもらえる制度です。すまい給付金は、住宅ローン減税の要件をゆるくしただけではあまり負担が減らない、という人のために、税金を減らすのではなくお金がもらえる、というありがたい制度です。消費税の引き上げが1...

実家を売却して、親と同居を前提にして家を建てたいのですが、親子とも資金が不足しているんです。何か良い案はありますか?親子で住宅ローンを返済する親子ローンがありますよ。それって親子それぞれが住宅ローンを返済するものですよね。ざっくり言うと、そうですね。大きく分けて、二つの住宅ローンの種類がありますよ。「親子リレーローン」と「親子ペアローン」です。「親子リレーローン」は、親子で一つの住宅ローンを返済し...

サラリーマンのうちに住宅ローンは使うべきマイホームを持つなら若い世代ほどいい、言われています。そもそも住宅購入で利用する住宅ローンは人生の時間の中で利用できるタイミングが限られている商品です。メインターゲットは25〜40歳までの間のサラリーマンです。40歳を超えると、一般的な35年ローンは使えなくなります。借り入ればできるだけ長期、かつ、金利を安くするのが原則です。また、住宅ローンは税制的に搾取対...

いくら借りられるかわかる最近では、ほとんどの金融機関で「住宅ローンの事前審査制度」が導入されています。そもそも住宅ローンでの事前審査って何ですか?「住宅ローンの事前審査」は、住宅ローンが借りられるかどうか不安という方に、仮の審査をして結果を通知するものです。「住宅ローンの事前審査」 を申請すると、数日以内に仮審査をして結果を通知してくれます。住宅ローンの必要書類は集めて本審査する手間を省く「事前審...

大きな家がトラブルの元になる不動産を親子で購入し、親も子も双方で住宅ローンを組んだときのメリットは、多く借りられるということですよね。住宅の購入代金を支払う際に、親子共有名義にすると、当然ですがどちらかが単独ローンで住宅ローンを借りるより多い金額が借りられます。価格の高い大きな物件が購入できるという メリットがあります。ところが、この親子共有名義で住宅ローンも設定してしまうと、相続の際にトラブルに...

モーゲージバンク=住宅ローンを専門に取り扱う会社モーゲージバンクって聞くと、そんな会社があるのか?って聞こえますよね。そもそも「モーゲージ(Mortgage)」という言葉は、抵当や抵当権を意味する英語のことなんです。その言葉にローンをつなげた「モーゲージローン」は不動産の抵当権を担保にした貸付のしくみのことです。つまるところ「モーゲージローン」とは、主に住宅ローンのことを指すんですね。。このモーゲ...

人気のある地域でのマンションや分譲住宅を買うという申し込みをして契約をしても、実際に自分が買えるかどうかはこの時点ではまだわかりません。というのも、マイホームを現金で買える人は少ないからです。ほとんどの人が、住宅ローンを組んでマンションを購入しています。その住宅ローンを組むには、必ず金融機関の審査があります。住宅ローンの審査には、仮審査や本審査などいくつかの段階があります。もしも、この審査に落ちて...

会社の財形貯蓄は迷わず始めるお金を貯める時というのは、知らず識らずのうちに積み立てられていて、気がついたらまとまった金額になっていた、というのが理想です。財形貯蓄は、給料から天引きで積み立てられて行くので、はじめからないと思えば、積み立てていることを気にかけずに済みます。財形貯蓄といえば、大きな会社で給料の一部を貯蓄し続ける制度、というイメージがありますよね。あながち間違ってはいません。その他に、...

トップへ戻る