当初の金利が低い住宅ローン固定金利期間が終わってさぁ大変

これまで固定金利型住宅ローンを組んでいたけど、はじめの安い金利期間が終わって、通常の金利に戻ると、急に家計がきつくなってきます。

 

最初に安い金利のローンを組んだ理由の多くは、将来の年収アップを見込んだから、という人がほとんどです。

 

当初安い固定金利の住宅ローンは給料UPを見込んでいたから

 

そこで、頼りにしていた給料アップが期待外れとなった現実に直面した時に、妻が働きに出て収入をアップさせることを検討したり、家計を見直して脂質を減らすといった対策を講じている家庭が多いです。

 

当初は安い金利を選ぶ際に簡単に考えてしまうのは、長期間位及ぶ住宅ローン返済で、固定金利型や変動金利型を活用する際には、「数千円のアップなら、ちょっと節約すれば大丈夫」といった楽観的な気持ちがあるからです。

 

そうではなく、
「低い金利のうちに、ゆとりの分でしっかり貯蓄」
「繰上げ返済をして残債を減らそう」
といった攻めの姿勢で臨むことが特に重要です。

 

なぜなら、住宅崇徳後の住居費は必ずアップする、という事実が”なるようになる”と思えた返済計画の大きな障壁になるからです。

 

住宅ローンの金利がアップしてローンが支払えなくなると、強制的に競売が始まることになります。

 

そういったことを考えると、自宅を売るか、住宅ローン金利変更をするのかの比較になるのかもしれません。

 

ネットで依頼すれば、簡単に1分程度で査定してくれます。
もちろん費用は無料です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る