気にならない人ならかなりお得?だけど売るほうは↓

 

事故物件 とは、自然死や、自殺、殺人事件などがあった物件です。
心理的瑕疵物件ともいわれます。

 

こうした事故物件は、気にしない方であれば、相場より安く物件を購入できることが多いのです。
たいがい、一般的には自然死より、凶悪事件の方が安くなる傾向にあります。

 

売りに出される価格を見てみると、事故物件は近隣相場より、10-50%程度安く売り出されることが多いからです。そのため、事故物件を売却する時にはそれ以上に買い叩かれるんです。

 

事故物件の価格は、やはり、凶悪事件の方が、自然死の場合より安くなります。

 

概算ですが、目安として次のような価格になります。

  • 自然死・・・通常価格の90%
  • 殺人・・・通常価格の70-80%
  • 火事・・・通常価格の50-70%

当然、不動産業者には契約前に説明義務があり、買主にはきちんと告知しなければなりません。

 

事故物件だと知っていたら買わない、という方が多い中で、近年では事故物件を専門に扱う業者もいます。

 

事故物件を売約したい、などの理由があるなら、通常の相場がどれくらいなのかを確認してから処分するほうがいいですよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る