タイミングを見計らう

 

今、マンションは買い時なのか、それとも売り時なのか? 

 

これは、マンションを買いたい、売りたいと思っている人がもっとも知りたい情報です。

 

中古マンションに限定して考えると、今は断然に買い時」です。

 

かつては、一戸建てがステータスとされていましたが、郊外に広い一戸建てを持っていても、利便性が低いのです。

 

また、高齢になってくると、庭の手入れがおっくうになったり、余った部屋などをもてあますようになったりしますしね。

 

そこで、子供が独立して広い家に住んでいてもしょうがない、という高齢者夫婦が利便性の高い都心部に戻ってくるケースも多いのです。

 

また、共働きの夫婦であれば、やはり利便性が重要になってくるので、都心のマンションを希望するケースが多いのです。

 

都心部はすでに空いている用地がほとんどなく、新築マンションや、一戸建てとなると、駅から離れた立地になりがちです。

 

今、一戸建てやマンションを売って買い替えを考えているなら,
現在の自宅がどれくらいの価格になるかを出さないと先に進みません。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。

 

買い替えで新築マンションを検討しているなら、東日本大震災や、2020年の東京オリンピックの影響で建設ラッシュになっていて、人件費資材費が高騰し、新しいマンション建設には向かい風が吹いています。

 

人件費や、資材費が高騰すれば、新築マンションの価格も上がるはずですが今は割安な物件もちらほらあったりします。

 

ただ、新築マンションが安くなっているのには、何か裏があるはずで、共用部分の装飾が省かれていたり、室内の水回りのランクが下がるものであったりして、資材費の高騰の影響が出ているからかもしれません。

 

中古マンションのリノベーションが人気

 

こういった新築マンションの状況を考えると、今、すでにある建物で快適に住める物件はないのか?というニーズに応えられるのが中古マンションです。買い替えを考えているなら検討したい物件の一つです。

 

この中古マンションが人気になっている一つの理由が、「リノベーション」です。
古くなった内装設備を全て取り払って、最新の設備を入れて、場合によっては、間取りまで変更した物件は、数年前からとても人気が高いです。

 

築年数が長い物件でも、リノベーションされれば、新築とほとんど変わらない今風の間取りで、内装設備の物件に生まれ変わります。

 

しかも、マンションの立地がよければ、新築よりもリノベーションされた中古マンションを選ぶべきとも言えます。

 

ただ、都内などの都心部と地方では少し状況が違います。
日本全国を見ると物件価格が下がっているから、早めに売ったほうがいいのかもしれないですが、都内など一部の地域では価格が上がり続けているのです。

 

そのため、都内なら早く買ったほうがいいし、売るならもう少し寝かしたほうがいいということもできます。

 

都内に限って言えば、東京オリンピックまでは、土地不足、資材不足、人材不足が重なって、マンション価格は上昇していくか、大幅な下落はないだろうと予想されています。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る