表示価格より安く買うことも可能

今の自宅を売却して、違う中古の物件に買い換えようと考えているんですが、値引き してもらって表示価格よりも安く買うことってできるんでしょうか?

結論から言えば、値引き交渉は可能です。

 

ただし注意することは、この場合はいわゆる”値切る”という強気な消費者感覚で交渉するのはNGということです。

 

中古は「思い」という感情がつまっている

 

中古物件は、売主の思いがつまっているいわゆる一点ものなのです。
普通の商売感覚にはない”感情”が入り込んでいることもあります

 

物件を見学に来た方と、フィーリングが合って、「あの人だったら買ってもらいたいな」という気持ちもわいたりします。
中古マンションの場合は、物件だけでなく、売主という相手にも生きている感情があるということなんです。

 

値引き交渉をする前に、値引きしてもらったら本当に買うのかは相手にも伝えておきたいことです。
交渉だけしておいて、やっぱり買いません、では、説得力がないし、本気度合いが相手にも伝わってしまいます。

 

  • 買う気はある
  • ローンの事前審査もOK
  • 契約もこの日ならOK

というような、こちらのやる気を見せることで、売主さんもその気で考えてくれます。

 

そこまで下準備しておくと説得力があります。

 

その意気込みは、売主に直接会えなくても伝わるものです。
交渉する側としてはそういった心構えがあると、いい印象を与えることができます。

 

あとは、売主の事情次第 です。
相続、住み替え、資産処分とさまざまな事情があるかもしれません。

 

担保がまだ残っている場合だと、残債がクリアできる金額というのがあるし、その後の暮らしの費用も必要なので、ある程度のラインで線引きはしているはずです。

 

また売り急いでいる場合には、売主も譲歩して、契約しようという力が働くものです。
しかし、特にいつ売れても構わない、と長期戦で構えていられると、値引き交渉は難しい場合もあります。

 

どうしても金額交渉したいと考えているのであれば、当たって砕けろの精神で取り組んでみる価値はあります。

 

ただ、他の人に取られてしまうか心配という思いが強い場合は、値引き交渉などはしないで、お互いが気持ちよく満額で取引した方がいいかもしれません。

 

いずれにしても、買い替えをして自宅を売却するなら、現在の自宅がどれくらいの価格になるかを出さないと先に進みません。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る