住宅ローンの仕組み記事一覧

保証人と住宅ローンを借りる人の関係のこと住宅を購入する場合は一般に住宅ローンを利用しますよね。住宅ローンは金額も大きく、長期間にわたるので、その資金を融資する金融機関は返済を確実にする方法の一つとして、借り主(債務者)と保証会社との間に「保証委託契約」を結ばせるんです。その保証委託契約の”保証人”役をする「保証会社」は、銀行の子会社を指定することが多いんです。住宅ローンを貸す側に「銀行」、借りる側...

過剰貸付と関連がある”ブラックリスト”よくお金が借りられない人のことを「ブラックリストに載った」って聞くことがあるんですが、法律に基づいた事項なんですか?住宅ローンの審査などでは、お金を貸す判断をする際に、”個人信用情報”を利用しています。法律ではなく、データベースを利用しているようなものですね。「ブラックリスト」に関係する個人信用情報と関連するのが、指定信用情報機関制度というものです。個人向けの...

”住宅ローンの生命保険”が団体信用生命保険住宅ローンを借りると、大抵の場合、数十年単位で契約しますよね。数十年は長い期間です。その間、ずっと健康で生きていて住宅ローンを返済できればいいのですが、万が一の場合、亡くなってしまったりしてしまうこともあり得ます。そんなときに安心できる材料となるのが、団体信用生命保険(だんしん)です。住宅を購入する際に、住宅ローンを組む際には団体信用生命保険(だんしん)に...

住宅ローンを利用するとほぼ間違いなく、団体信用生命保険に入ることになります。その団体信用生命保険は、ローンの債務者が死亡または高度障害となった場合には、保険金が支払われますよね。でも、一般的には、けがや病気によって就業不能となった場合には保険金が支払われません。住宅ローンはたいてい組んだとなると、数十年単位ですよね。その間に、ケガとか病気で働くことができなくなっても、団体信用生命保険が使えないのは...

物件の決定から住宅ローンの申し込みから実行までの間で、住宅ローンの審査は仮審査(事前審査)と本審査の2段階に分けて行われます。一般的には、希望の物件がみつかったところで、仮審査を受けて、希望の融資額を借りられるかどうか判断します。その結果、資金の目処がつくようであれば、不動産売買契約を結んで、本審査を受けます。仮審査と本審査の一番の大きな違いは仮審査を行うのは金融機関、本審査を行うのは、保証会社だ...

トップへ戻る