住宅ローンはサラリーマンを対象|いつ借りるのがベストなの?

住宅ローンはサラリーマンを対象|いつ借りるのがベストなの?

住宅ローンは会社員たるサラリーマンが中心の金融商品

サラリーマンのうちに住宅ローンは使うべき

 

マイホームを持つなら若い世代ほどいい、言われています。

 

そもそも住宅購入で利用する住宅ローンは人生の時間の中で利用できるタイミングが限られている商品です。

 

メインターゲットは25〜40歳までの間のサラリーマンです。
40歳を超えると、一般的な35年ローンは使えなくなります。

 

借り入ればできるだけ長期、かつ、金利を安くするのが原則です。

 

また、住宅ローンは税制的に搾取対象の会社員に対して、極めて有利な金融商品なんですね。

 

個人事業主や社長は、銀行から住宅ローンを借りようとしてもなかなか借りることができません。

 

住宅ローンはサラリーマンの毎月入る給料を信用に入れた金融商品と言えるからなんです。

 

 

住宅ローンはいつ借りるのがベストなの?

住宅ローンを借りる時期

 

理想は持ち家のローン返済が40歳代で終わることです。

 

それは、マイホームを取得したら生活の基盤が作れるし、生活支出に早くから住宅ローンの返済を組み込んだことで、返済が早めに完済できるからです。

 

それに、余裕を持って老後の生活費を貯めることができる、という経済的に 余裕 のある生活が見込めるからです。

 

結婚を機会に持ち家を考えて、子供の教育費がかかる前に持ち家を達成するのが一般的な理想系と言われます。

 

でも、最近では晩婚化が進んでいて、住宅の購入には多額の借入金が発生します。

 

住宅金融支援機構の場合は、返済期間は最長35年、完済時の上限年齢は80歳になってしまうので、最長の35年を利用する場合は、44歳が上限になって、収入のあるうちに完済したければ、30歳前後に住宅を購入するのが理想です。

 

新しい自宅を住宅ローンを組んで購入することを検討しているなら、今の自宅を売ったらどれだけの資金を用意できるかがポイントになります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、今の自宅を売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る