相続記事一覧

相続物件の取り扱いでは相続人の確定が最優先相続物件の売却は、遺産分割協議成立後が原則遺言書による売却では、遺留分減殺請求に注意相続物件売買は、通常の売買とは違うことが多いです。プロの不動産業者も、不動産取引の中で難易度が高い物件の一つが相続物件の売買です。一生に何度も経験しないであろう相続について、一般の人ならなおさらわからないことだらけですよね。不動産相続の一番大事な点は、相続人を確定することこ...

実家の家が、住宅ローンを組んで一戸建てやマンションを購入したっていう例は、よくありますよね。サラリーマンの現役時代は、住宅ローンの返済で精一杯で、預金する余裕がないことも多いです。定年後は年金暮らしで貯金どころではないですしね。そうなると、実家の家だけが相続で残る財産、ということになってしまうんですね。この相続財産として残された不動産が、相続人が共有してしまうと、とても面倒なことになってしまうんで...

サラリーマン家族で、相続時の財産といえば、自宅の「家」ですよね。買った時には「夢の一戸建て」が手に入って、喜んで、住宅ローンが完済になった頃には、もう相続のことを考える時期。相続財産といえば、その不動産になるわけですが、この家を相続する方の残された相続人は、どう処分していいのか、って悩んでしまうんですよね。というのも、家を物理的に切って相続するわけにいかないですからね。法律的な「共有」という概念を...

実家が、昭和の高度成長期時代に建てた一戸建て、という人も増えてますよね。そのころの家って、夢のマイホームと言われていて、規格品より少しこだわりのある家が多いものです。良い意味で言えば個性的で、里山と田畑が広がる静かな町、年季の入った“古民家”ですが、ぶっちゃけ、使いにくい家。今のバリアフリーやシステムキッチンなど装備がしっかりしている家より、個性が強すぎて使いづらいんですよね。そんな実家の家が、親...

遺言状って、自分で書くものは、民法上は「自筆証書遺言」ですよね。他にも、公正証書とかいろいろな特別な遺言があるんですけど、自分で書くなら、この自筆証書遺言のことを指します。この自筆証書遺言、実は、かなり厳しめの条件が付いていたんですよね。条件とは、遺言として認められるか、って言うところです。その一つに自筆で書かなければならないというものがあるんです。でも、財産がたくさんあると、それをいちいち自筆で...

トップへ戻る