”離婚で破産”は住宅ローン残高と今の自宅の価値のどちらが多いか

離婚して家を売却するかどうか判断する際に問題になるのが住宅ローン残高の有無です。

 

住宅ローンがある場合、資産価値を調べるときには、

 

  • 不動産の価格(時価)が住宅ローンの残りよりも多いアンダーローン
なのか、
  • 住宅ローンの方が不動産の価格より大きいオーバーローン(債務超過)

のどちらかのケースがあります。

 

住宅ローンが完済されている場合は、その売却益を財産分与するだけなので、スムーズに話は進みます。

 

残債が残っていても、査定の結果、住宅を売却すると、利益が生じるアンダーローンの場合は、売却して得たお金をローンの残債の支払いにあてて、残ったお金は財産分与すればいいことになります。

 

住宅を残してどちらかが所有し続ける場合は、別に取り決めが必要になるのですが、少なくとも”離婚で破産”という状態に追い込まれることはないでしょう。

 

問題になるのはオーバーローン

 

オーバーロンでも、住宅ローンがオーバした分を夫婦双方が払える程度の金額ならいいのですが、夫婦ともにオーバー分の支払い能力がなく、売却しても、多額な債務が残ってしまうことがたまにあります。

 

こういった場合には、夫か妻のどちらかがそのまま住み続けて、ローンも払い続けるという方法をとることが多いのですが、そもそも離婚が前提になっているので、どちらも家が必要ない、住みたくない、ということもあります。

 

そうなってしまったら「売るに売れない」状態のまま住宅ローンだけを払い続けなくてはならないのです。

 

しかたなしに賃貸に出すという人もいます。しかし、賃貸に出すにもリフォーム代や空室時の住宅ローンの負担など、デメリットも考慮しなくてはいけません。

 

また金融機関によっては、賃貸に出していることがわかった場合には、住宅ローン契約に違反するとみなされて一括返済を求められることもあります。

 

”離婚で破産”の一番の原因はオーバーローン

 

離婚によって破産してしまう一番多いケースは「不動産と住宅ローンの名義は夫のままで、ローンも夫が支払っていくけれど、家には妻が住み続ける」というものです。

 

ただし、夫の住宅ローン返済ができなくなってしまった場合いは、 突然競売の通知 がきたり、知らないうちに勝手に売却されてしまって、急に退去させられる、などのこともあります。

 

また、妻が連帯保証人、連帯債務者になっている場合には、妻がローン残債の一括返済を求められてしまいます。

 

にっちもさっちもいかない離婚で破産してしまうことになってしまうのは、オーバーローン状態が一番の原因です。

 

オーバーローンなのかどうかを調べるには、ネットで依頼すれば、簡単に今の自宅を査定してくれます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る