住宅ローンがある間は転勤で賃貸に出すことは簡単にはできない!

住宅ローンがある間は転勤で賃貸に出すことは簡単にはできない!

賃貸に出せない住宅ローンのある家

自宅を売却しようと考えていたのですが、海外に転勤命令が出て数年帰ってこれない予定なんです。

 

そこで、住宅ローンが残っているんですが、賃貸に 出して、海外勤務から帰ってきたら売ろうと思っているんです。

住宅ローンが残っていると、基本的に自宅を賃貸に出すことはできないです。

 

住宅ローンは投資用のローンなどと違って、期間も長く設定できていたりすることから、性質が違うんからなんです。

 

ただ、賃貸に貸し出すことができる例外があって、会社から転勤命令が出た、病気療養等で自宅を留守にするので賃貸に出したい、といった場合がそれにあたります。

 

こういったやむをえない事情があれば、ほとんどの銀行は住宅ローン返済中の自宅を賃貸に出すことを認めています

 

ただ、賃貸に出す期間が5年であれば認める、など細かいルールがあったりして、対応は金融機関ごとに異なっています。

 

一度、住宅ローンで借り入れをしている金融機関に問い合わせた方がいいですよ。

 

住宅ローンのある家は基本的に貸せない

 

意外に知られていないのですが、住宅ローンの残債がある間は 自宅を賃貸 に出すことができません。

 

住宅ローンはその名の通り、自己居住用の住まいとして住宅購入をするためのローンなのです。
賃貸として収益を得るためのローンではない、ということです。

 

自分が住むことが目的ではない収益物件に投資する場合には、投資用ローンの利用が必須になります。

 

注意しておきたいのは、通常、マンションも一戸建ても住宅ローン返済中のマイホームを賃貸に出すことは、やむをえない事情がない限りで着ないことなんです。

 

もし、住宅ローンの借入期間中に賃貸に出してしまったら、金融機関から一括返済を求められてしまうので注意が必要です。

 

万が一、転勤を命じられて買った家に住み続けることができない場合には、必ず金融機関に届出をする必要があります。
事例の提示によって、一定期間内であれば、賃貸に出して返済は賃料で補填する、といったことも相談可能な場合があります。

 

売ったり貸したりがいつでも身軽にできるのは住宅ローンを完済した後、または現金購入・相続、事業用ローンで取得した場合です。

 

同じローンでも事業用・投資用ローンの借り入れ期間は短期なので、事業計画も立てやすいし、経済状況の先行きがある程度予想できます。

 

それに引き換えて住宅ローンは最長で35年の長期で借り入れが可能なので、多くの人が30年35年といった長期間で利用しています。
30年後の将来なんて予想できないです。。。
遠い将来が不透明な状況で長期ローンを組んでいる人が、実は最もリスクが高いのです。

 

ボーナスカット、減給になった場合でも返済は可能なのかなどは、長期間の返済の中では最悪の事態も想定する必要があります。

 

もしも、こうした自体を全く想定していなかったら、せっかく購入した住まいを維持していくことができなくなることがあります。

 

こういったリスクヘッジのあることを承知で住宅ローンの期間は事業用のローンなどと比較して長期間なのです。
返済期間中は賃貸に出すことができないからといっても、その点は金融機関はある程度織り込み済みなところもあります。

 

ただ、住宅ローンの中でもフラット35は住宅ローンの返済が困難になった場合などにも自宅を賃貸に出すことを認めています。

 

貸し出したら金融機関が打撃を受けるから

 

もし 、住宅ローンがあったまま賃貸に出してしまうとどうなるでしょう。

 

住宅ローンが払えなくなってしまうと、税金や維持管理費も滞納してしまうことになり、他方で、金融機関のほうではわからない賃貸の利益が自分の懐に入る、ということになります。
その間に、最悪の場合には任意売却や競売になってしまいます。

 

もちろん自宅が思ったような価格で物件を売ることができれば、最悪の事態は回避できますが、そのためには、大前提としてその売買価格はローンの残債を上回っていなければなりません。

 

住宅ローンは、リスクヘッジを考える必要がない、というとではありません。自分が持っている住宅の評価を客観的にみる必要があります。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る